任意売却とは?

まずは競売と任意売却を比較し、任意売却のメリットからご説明させて頂きます。

任意売却とは、競売になる前に私たち仲介会社が売主(債務者)様から依頼を受けて、債権者と折衝し、債権者から任意売却(担保抹消)の合意をもとに、買主様を探し通常の不動産取引を行うものです。 ですから、任意売却は、「競売のような債権者からの申し立てによる強制的な売却」とは違い「あくまで売主(債務者)様の意思で主体的に売却する」訳です。

競売の場合、売却代金もすべて債務(借金)の返済にあてられるため、引っ越し代などの費用は、売主様の手元資金から捻出しなければなりませんが、任意売却では債権者との間で返済額などについて交渉ができる為、引越代や当座の生活資金の捻出など、売主様にとってできる限り良い形を模索する事が可能です。

また、債権者の立場からしても、任意売却なら通常の不動産取引と同じように、売主様の協力のもと、 購入希望者さんによる室内の内覧などが可能になるため、競売と比べると高値での売却に繋がりやすく、十分検討するメリットがある訳です。(売却に掛る期間や回収手続きも競売に比べて少なく済みます。)

つまり、売主様から見ると、任意売却を選択すれば、高値での売却に繋がり残債が少なくなり、かつ売却代金の中から引越代などの捻出が可能になる訳ですから、不慮の事態で取りうる最良の選択肢と言えます。

そして更に、現在の状況や交渉の如何によっては、今のご自宅にそのまま住む事やご自宅の買い戻しなども視野に入れる事が可能なケースもあります。

当店では、まずは私たちプロとの話し合いの中で、現在どのような状況(段階)で、どんな選択肢があるのか、 売主(債務者)様ご自身にも正確に把握して頂く事が生活再建に向けたスタートだと考えております。

競売と任売の違い 比較表!
費用やその他不明な点についてのご質問はこちらから
無料相談〜任意売却終了までの簡単な流れ

無料相談

現状分析とご提案

債権者と利害関係者との交渉

任意売却終了